MENU

老眼について記事一覧

老眼は、誰にでも起こる目の老化現象の一つです。40歳を超えたあたりから老眼鏡を必要とするという人はぐんと増えるといわれていますが、最近ではスマホなど小さい画面を長時間見るという機会が増えてしまい、老眼化が早まっているという事例もあります。では、そんな老眼鏡ですが、どういったものを選べばよいのでしょうか?老眼鏡の選び方は?百円均一などで販売されているものは、老眼鏡には違いありませんが、基本的には眼鏡...

最近では、老眼はやり方次第で改善する、といった意見も多くみられるようになりました。そんなものは効果がないという人ももちろんいますが、逆に良くなったという人もいるのも事実です。では、具体的にどういった方法を行って老眼の改善を行うのでしょうか。1.ピント合わせの運動老眼とは、レンズの役割を果たす水晶体が固くなり、さらに毛様体筋というレンズを厚くする仕組みが衰えてくるためにおこる老化現象です。ですが、最...

老眼の症状は、近くのものがぼやけたり、にじむようになりうまく見れない症状となります。老眼は40歳を超えたあたりからなる人もいれば、それより前、だいぶ後になるといった人もいます。老眼は始まるとともに段々と悪化の一途をたどり、一定の症状までは加速しますが、60~70歳のあたりでその加速は緩やかになります。近くにピントを合わせるのが難しくなってきたり、ドライアイになったり、眼精疲労がひどくなったりすると...

老眼は、レーシックでも改善するといわれています。しかし、レーシックを受けて後悔したという人も少なからずいらっしゃいます。では、なぜ老眼をレーシックで治療したにも関わらず後悔する人がいるのか、そのわけについてみていきたいと思います。1.角膜が変形するリスクがある角膜を削るのがレーシックの基本であるため、角膜が歪んだり、混濁ができたりする場合があります。するとコンタクトや眼鏡での矯正が難しくなったりす...

老眼、ほぼ必ずだれにでも訪れる目の老化現象。目の若さを保つための重要なのは、意外にも食事であることはあまり知られてはいません。もちろん、眼球運動や血行促進なども時には必要ですが、年を取るとどうしても生成されない目の栄養などは食事から摂るしか方法がありません。では、そんな老眼の人がそれ以上老眼を悪化させないための食事療法のポイントとはどういったものがあるのでしょうか。タンパク質の摂取体は全身の細胞を...